ENEOSのガソリンスタンドで提供されているフリーWiFiの使い方、安全性や通信速度の実測結果を紹介します。

ENEOSのフリーWiFiの使い方

店舗により提供方法が異なる場合があるので注意してください。

使い方

私が利用した都内の店舗では「ENEOS-FreeWiFi」というSSIDで提供されていました。接続時のパスワード入力不要、またメールアドレスやSNSアカウントによる認証も必要無く利用出来る状態でした。給油待ちの限られた時間でもすぐに利用出来るのは有り難いです。

時間制限は

ログイン画面も無く、ガソリンスタンド内に掲示も無かったため時間制限は不明です。給油や洗車、一部店舗ではカフェを併設しているところもありますが、長時間滞在することが少ない施設なので特に問題にはならないでしょう。

安全性・セキュリティは?

暗号化されていないフリーWiFiです。そのため、電波を傍受して専用のソフト(中学生でも扱えるような簡単なもの)を使うことで、通信内容を解析出来てしまいます。この点は、他のほとんどのフリーWiFiと同様です。

重要なデータをやり取りする場合は、VPNを使うことを推奨します。VPNを使うことで、もしWiFiの電波を誰かに傍受されても、解析が困難になります安全性が向上します。PC、スマホどちらでも、誰でも簡単に利用できます。

関連記事:VPNの比較表

通信速度の実測結果

都内店舗、平日夕方に給油中に測定しました。

ダウンロードアップロード遅延
1回目115Mbps78.5Mbps8ms
2回目137Mbps130Mbps17ms
3回目77.9Mbps69.7Mbps9ms
平均110.0Mbps92.7Mbps11.3ms

家庭のインターネット回線と遜色ない速度でした。長時間滞在する施設ではなく、またフリーWiFiの利用率も低そうなので混雑の心配も無いでしょう。

関連記事:ENEOSでんきのメリット・デメリット