コンラッド東京のフリーWiFiの使い方や通信速度の実測結果を、実際に宿泊した際の経験談とともに解説します。

コンラッド東京のフリーWiFiの使い方

基本有料だが無料にする方法が

冒頭から「フリーWiFi」と紹介しましたが、実際にはフリーのWiFiではなく有料サービスとして提供されていました。

ヒルトンオナーズ会員は無料でWiFiを利用出来ます。ヒルトンオナーズは特に入会金や年会費も無いので、WiFiを使いたい場合はヒルトンオナーズに登録することをおすすめします。入会はチェックイン時に可能です。私の場合、チェックイン時にヒルトンオナーズに登録することでWiFiを無料で使える旨の案内がありました。登録はチェックインの担当の方が手続きしてくださったので特に何か別途紙に記入するなどの手間もありませんでした。

接続方法

SSID「Hilton Honors」に接続し、WiFiのログイン画面を開くと姓と部屋番号を入力する画面が現れます。ここに半角文字で入力すると、接続が完了します。

部屋番号、姓のどちらかが間違っていると接続出来ません。

セキュリティ・安全性は?

一般的なフリーWiFiとは異なり暗号化の処理がされていましたが、パスワードが共有されており、暗号化されていないも同然です。電波を傍受し共有されたパスワードを用いて復号することで、通信内容を解析することが可能と言えます。

セキュリティを意識するのであれば、ログイン画面にも記載があるとおりVPNを使用しての利用をおすすめします。スマホ、PCなどにインストールすれば誰でも簡単に通信内容を「暗号化」できる仕組みです。

関連記事:VPNの比較表

通信速度の実測結果

回数ダウンロードアップロード遅延
1回目9.88Mbps10.0Mbps5ms
2回目9.88Mbps9.99Mbps5ms
3回目9.73Mbps9.96Mbps5ms
平均9.83Mbps10.0Mbps5.0ms

宿泊で利用した際に、客室(32階ベイビューツイン)にてスマホで3回計測しました。平日昼の計測です。夜に計測しても同程度の結果でした。

スマホで使う分には特に不満のある速度ではありませんでした。就寝する際にYoutubeの動画を30分以上再生しながら眠りましたが、途中で止まることもありませんでした。

PCでの使用を考えると、最低限の速度という感じでしょう。大容量のデータのやり取りには少々難があると思います。客室のテーブルは広めですが、PCを持ち込んで仕事をするにはあまり適していないかなと感じました。

ベイビューツインのデスク

宿泊記はこちら

滞在した際の宿泊記はこちら

コンラッド東京の宿泊記(ベイビューツイン)