東京タワーの館内で提供されているフリーWiFiの使い方や、実際に館内で計測した通信速度の計測結果、セキュリティに関する注意点をまとめます。

東京タワーのフリーWiFiの使い方

利用方法

WiFiに接続後、ログイン画面を開いて「インターネットに接続する」をタップします。

続いて言語と年齢、性別を入力し「インターネット接続」をタップすると接続が完了します。メールアドレスの登録や、SNSアカウントによる認証も必要無くスムーズに利用出来ました。

安全性・セキュリティ上の注意点

ログイン画面にも書かれているように、暗号化されていないフリーWiFiです。そのため、電波を傍受して専用のソフト(中学生でも扱えるような簡単なもの)を使うことで、通信内容を解析出来てしまいます。この点は、他のほとんどのフリーWiFiと同様です。

重要なデータをやり取りする場合は、VPNを使うことを推奨します。VPNを使うことで、もしWiFiの電波を誰かに傍受されても、解析が困難になります安全性が向上します。PC、スマホどちらでも、誰でも簡単に利用できます。

関連記事:VPNの比較表

通信速度の実測結果

2022年正月に現地で計測しました。

メインデッキ(大展望台)での計測結果

高さ150mのメインデッキ(以前の呼称は大展望台)での計測結果です。

ダウンロードアップロード遅延
1回目19.8Mbps 26.6Mbps 8ms
2回目 36.5Mbps 33.4Mbps 6ms
3回目 28.9Mbps 28Mbps 6ms
平均 28.4Mbps 29.3Mbps 7ms

現地は混雑した状況でしたが、フリーWiFiとしては問題の無い速度が出ていました。撮影した写真をその場でSNSでアップする等の使い方には問題無く使える通信品質です。メインデッキ1階にはソフトクリームなどを提供しているカフェもあるので、休憩をしながらネットで情報収集をするのにも便利そうです。

ちなみに、楽天モバイルとau回線でも通信可能でした。

真下を見下ろせる窓

トップデッキ(特別展望台)での計測結果

高さ250mのトップデッキ(以前の呼称は特別展望台)での計測結果です。

ダウンロードアップロード遅延
1回目235Mbps 348Mbps 6ms
2回目 211Mbps 32.1Mbps 6ms
3回目 193Mbps 250Mbps 5ms
平均 213Mbps 210Mbps 5.7ms

トップデッキ(以前は特別展望台という呼称だった)での計測結果です。

メインデッキと比較すると、人が少ないせいかかなり高速での通信が可能でした。

ちなみに、楽天モバイルは圏外でした。

お台場方面の景色